ホットヨガ 自律神経に逆効果!?メリット・デメリット!

ホットヨガ 自律神経に効果は?メリット・デメリット!

ホットヨガの効果には、リラックス作用や、体のゆがみを整えてくれる作用など多くあります。その中でも、「自律神経に効く」ということを聞いた事はありませんか?自律神経の乱れは、個人差はあるものの、女性にとって大敵です。では、ホットヨガには本当に自律神経に効く効果が得られるのでしょうか。メリット・デメリットを見ていきましょう。

ホットヨガ自律神経に効果がない!?衝撃の事実!

 自律神経の乱れには個人差があるものの、ホットヨガで効果があるの?と思いますよね。ホットヨガは、体を温めてくれます。体が温まると神経もほぐれるのですが、効果が出ない!という方は、次のようなことが原因だと考えられています。

・深い深呼吸のやりすぎ

ホットヨガでは、呼吸に意識をおいたポーズが数多くあります。呼吸が深くなれば深くなるほどよいと教わっている人もいるかもしれませんが、呼吸をすることに意識を向けすぎるあまりに、体が強張り、緊張してしまうと逆効果です。

・水分補給をしてない

ホットヨガで大切なのは、水分補給です。小まめに水分を取らないと、脱水症のような症状が出ることもあります。頭がフラフラしたり、だるくなったりすることがある場合は、すぐに水分をとりましょう。体調が悪くなる=自立神経も乱れますので、注意が必要なんです。

・無理なポーズをしようとする

ポーズを綺麗にとれると、気持ちがいいものですが、ついついやってしまいがちなのが、無理なポーズを取ること。せっかく、呼吸を整えてポーズに入ったとしても、ポーズの完成形に頭が行き過ぎて、力が入らなくてもいい部位や筋肉に負担がかかって、緊張してしまうと体の緊張にもつながり、神経の乱れが生じます。

ホットヨガで自律神経が乱れると危険なことに?

ホットヨガをして自律神経が乱れると、様々な弊害が出てきます。便秘になってしまったり、イライラや落ち込みすぎたりと感情の起伏が激しくなったりします。自律神経は生活のリズムが崩れると、すぐ乱れてしまいます。また、ストレスが溜まりすぎても自律神経は乱れてしまいますので、注意が必要です。

ホットヨガは自律神経の乱れにどんな効果がある?(メリット)

では、本当にホットヨガは、自律神経の乱れに効果がないのでしょうか。どんな効果があるのか紐解いてゆきましょう。

ホットヨガをすることで自律神経が良くなると・・・

正しくホットヨガを行うことで、自律神経は整っていきます。自律神経が整うと、色々と嬉しい効果が出てきます。

・前向きになれる

ホットヨガの効果の一つに「爽快感」というものがあります。汗を思い切りかいた後は、爽快感と共に、気持ちをリセットできたことで心が軽くなり、気持ちが前向きになります。自律神経が整って、気持ちにも余裕が出てくるからでしょう。

・イライラしなくなる

リラックス効果の高いホットヨガを行った場合、ゆったりとしたポーズが多く、気持ちを落ち着かせる呼吸をしていくので、自然と自律神経が整っていきます。自律神経を整える呼吸方法もあり、イライラが治まってゆく効果があります。

・ぐっすり眠れる

ホットヨガで汗を書いた後、爽快感やリラックスできた効果を実感して満足してはいけません。ホットヨガは、熱い環境下で行うので、通常よりも体がほぐれます。レッスン後は気だるさもあると思いますが、ほぐれた体は力が抜けた、よい状態なので、眠りにも良い影響を与えてくれるんです。

ホットヨガ 自律神経に効果がない人の特徴は?(デメリット)

逆に、自律神経に効果がない!と思う人には、こんな特徴があります。

・インストラクターのポーズを追うのに精一杯な人

ポーズを取れたら、ヨガが出来ていると思っている人って結構多くいます。更に、ホットヨガの場合、環境も常温ヨガとは違い、熱いので体力を奪われていきやすいです。そんな中で、一生懸命、汗をかくために、インストラクターのポーズを頑張ってとるだけでは効果はありません。頑張れば、頑張るほど、変なところに力が入ってしまい、神経は整いません。

・呼吸に意識を向けられない人

ポーズをとるあまり、深い呼吸で自律神経を整えたいのに、呼吸が止まってしまう人も多くいます。頭で分かっていても、気づいたら呼吸が浅くなっていて、神経が整わない・・・なんてこともあります。

ホットヨガに向いている人は?

自律神経の乱れにも効果的なホットヨガですが、ホットヨガ自体、向き不向きがあるようです。自分の心と向き合うことがヨガの目的の一つです。まずは、周りを気にせず、自分の心と向き合うために集中できること、それにプラスして、高温多湿というホットな環境が苦手でない人が、ホットヨガを長く続けていけるようです。

»ホットヨガ人気ランキング3選