驚愕!ホットヨガで好転反応?ニキビが増えたし肌荒れも!最悪..

ホットヨガに通い始めたころは、とにかく汗をかいてストレス発散できて、気持ちも前向きになって、生き生きとする人が多いのではないでしょうか。一転、ホットヨガでニキビが増えたり、肌荒れを起こしたりしてしまう人もいます。

好転反応と呼ばれる作用なのですが、どうして体に影響が出てくるのかみていきましょう。

ホットヨガで好転反応って?肌荒れやニキビの原因は?

好転反応というのは、病気になったときの治療の中で一時的に起こる身体反応のことを言います。人によって反応は様々です。

では、ホットヨガを行ったことで、本当に好転反応が出るかというと、必ずしもそうではありません。普段生活している温度よりも高い温度でホットヨガは行います。想像してみてください。

冬場の寒い時期にホットヨガに行くと、30℃以上の室温でレッスンを行います。30℃と言ったら夏場の気温くらい高い状態です。急激な温度変化によって体の温度調節機能が追いつかずに、好転反応といった症状に繋がるようです。

元々、肌荒れやニキビ増えて気になっていた人は症状が悪化してしまうこともあります。けれど、一過性のものなので、きちんとしたケアを怠らないようにしてください。

ホットヨガ 好転反応の症状って?けだるさ・眠気・精神的不安定・下痢・めまい

好転反応と一言で言っても様々な症状があります。ホットヨガで起こりうる好転反応としては、けだるさ、眠気、下痢、めまい、精神的不安定などなど沢山あります。

レッスンが終わったあとに、けだるくなるのは疲れているからですが、暑い場所にずっといたことによって、けだるさが続くこともあります。眠気も同じように疲れからくることと、好転反応として、急激な眠気に繋がることもあります。これらは、疲労がたまっているから起こるようで、しっかりとした休息をとるように体からサインがでている証拠。いつもより早目に寝たり、ベッドでくつろいだりすることで、翌日の回復度合いと快調さが変わってきますよ。

ホットヨガでは水を沢山飲みます。1レッスンで1リットルは水分を取るようインストラクターから説明があった人もいるでしょう。けれど、普段から水を飲みなれていない場合や、冷蔵庫で冷やされた水を大量に飲むことで、体を冷やしてしまうことに繋がります。そのため、下痢になってしまうことも。単にお腹が冷えただけの時もありますが、水分をとることで腸が動くので便の通りがよくなりすぎてしまっていることもあります。腸が動くことは悪いことではないので、レッスン後はお腹を暖めてあげましょう。

めまいに関しては、レッスン中に体を動かしすぎて、終わった後にふらつくことはありますし、酸素が脳に行き届いていない時にめまいが起こったりします。めまいの場合は、好転反応でなく、三半規管(耳の神経)の異常の可能性もあるので、注意してくださいね。

精神的に不安定になることもありますが、レッスン中の非現実的な環境から現実に戻った時に、起こりうることなので、決して悪いことではありません。自分の心としっかり向き合いながらレッスンをうけるようにすると、前向きにとらえていけるように変化していきますよ。

ホットヨガ 好転反応の期間っていつまで?

好転反応は、一過性のものなので長く続くことはありません。

体が慣れていくと、自然と収まるものです。人によって期間に差はありますが、ずっと続くようなら本当に体調が悪くなっている可能性もあります。わたしは、好転反応として、眠気が強くでていました。ヨガのリラックスした空間で眠気がきて、そのままずっと眠い状態が続くんです。

決して体が疲れているわけではなかったのですが、今でもレッスンによっては眠気に襲われることがあります。たいていは、一晩ですっきり、気持ちもすっきりして助かっています。

ホットヨガで好転反応後は、肌荒れやニキビが増えたのも治る?

ホットヨガでの好転反応は、一過性のものといいましたが、肌荒れやニキビが増えた場合は、ちょっと注意が必要です。

なぜなら、ホットヨガの環境下は汗をかきやすい状況になっています。湿度も高く、人との密着度も高いです。そして、スタジオ内は、沢山の人が共有スペースとして利用しているわけです。スタジオによってはヨガマットをレンタルしていることもあるでしょう。

肌トラブルおいて、一番大事なのは清潔なこと。神経質になることはありませんが、好転反応でおこっている肌トラブルがあるときは、清潔に気をつけることで治りが早くなりますし、逆に肌の調子がよくなってくることもあります。

肌は1ヶ月の周期で古い角質が生まれ変わります。うまくホットヨガを利用すれば、古い角質と共に増えたニキビとおさらばして、肌荒れも治せるので、ケアはしっかりしていきましょうね。

»一番安く体験レッスンができるホットヨガは?