ホットヨガ 貧血する前に知っておきたい3つの対策!

ホットヨガ 貧血の対処方法!

ホットヨガをする上で不安になることと言ったら暑さに耐えられるのか、途中で体調不良になったりしないか等、色々あります。体調不良の中でも頭がふらついて貧血になるかもしれないといった不安を抱える人もいるでしょう。今回は、ホットヨガでの貧血の対処方法についてみていきます。

ホットヨガ 貧血の場合に起こるトラブル

ホットヨガをしている時に頭がボーっとして、ふらつくことはありませんか?実は、それ「貧血」の可能性があります。ホットヨガで大量に汗をかくのと同時に、ミネラル分も放出しています。そのため、頭が痛くなったり、ふらついたりして貧血の状態になってしまうことがあります。血流が良くなって顔が温かく感じてホットヨガをしている楽しさもあるのですが、少しでも異変を感じたら、レッスンを抜けて症状が落ち着くのをまちましょう。

ホットヨガ 貧血の原因

そもそも貧血ってどうして起こるのでしょうか。貧血とは、血液中の赤血球や赤血球の中にあるヘモグロビンが少なくなって、脳に運ばれる酸素が少なくなると出てくる症状のことを言います。脳が酸素不足になると立ちくらみや、めまいを起こします。ホットヨガをすることで、貧血になる理由としては、この脳への酸素不足が原因になることが上げられます。

もう一つ考えられるのが、日常生活で必要な栄養分が取れていない人がなる貧血です。さきほど述べたように、ホットヨガで大量の汗をかくと、ミネラルやビタミンも一緒に体の外へ出て行ってしまいます。ビタミンやミネラルと一つにまとめてしまうと分かりにくいので、例をあげるとするならば、ミカンやキウイなどに含まれるビタミンであったり、ミネラルでいうなら鉄分であったり、葉酸などがあげられます。

»鉄分不足を解消できたサプリメント

ホットヨガ 貧血の場合の対策・対策

では、ホットヨガで貧血になってしまった場合、どうしたらよいのでしょうか。いくつかポイントをあげていきます。

1.水分補給をする

まず大事なのが、水分をしっかり摂取して対策することです。ホットヨガで血流がよくなり汗もかいているので、脱水を防ぐ目的も含めて水分をとりましょう。

2.新鮮な空気を吸う

貧血を起こしたままレッスンスタジオにいると余計に貧血の具合が悪化するので、ふらつきや頭痛がしてきたら、一度スタジオの外に出て新鮮な空気を吸います。ゆっくり深呼吸して脳に酸素を行き届かせ、気持ちを落ち着けましょう。その後に水分補給も忘れずに行うと良いです。

3.ビタミン、ミネラルの補給をする

ホットヨガをすると必ず頭がふらつくなどの貧血症状が出る場合、水分にビタミンやミネラルを入れて飲む方法があります。

水に溶かすタイプのビタミンやミネラルが薬局で売られているので活用するのも手です。スポーツドリンクを飲んでいる人もたまに見かけますが、スポーツドリンクは糖分も含まれているのでホットヨガで吸収率が良くなっている状態で飲むのはオススメできません。

また、ホットヨガのレッスンが始まる前に、サプリで栄養分の補給をしておくのもよいですね。

熱い!ホットヨガ 比較ランキング おすすめ3選

*ホットヨガで貧血 3つの対策まとめ*

  1. 水分補給をする
  2. 新鮮な空気を吸う
  3. ビタミン、ミネラルの補給をする

最後に、生理中は不要な血を外に出している最中なので貧血になりやすいです。日常生活でも生理で貧血っぽくなる人は、この時期だけはホットヨガをお休みして、体を休めてあげましょう。

»鉄分不足を解消できたサプリメント